安倍内閣が唱える「一億総活躍社会」に対して、保育園に落ちた母親のブログが話題になりました

この騒動を受けて、政府が打ち出した対策が「保育所を増やして待機児童を無くす」という直接的な対策でした

最近、この手の政策目標みたいなものが多いです

女性活躍社会の構築のために、「2020年までに女性登用率30%!」とか…

直接的な数値目標を掲げるというパターンです

たしかに、世界的に見た日本の女性登用率は諸外国に比べると「日本は後進国?」と疑われるほど低い数値なので、目標数値を設定することは悪いことではありません

しかし、数値目標だけ打ち出しても解決できるのでしょうか?という話です

なぜ、数値目標だけでは女性の社会活躍が望めないのかについて考えてみました

 

第一の壁は歴史

そもそも、日本の女性登用率が低いのは、お察しのとおり日本が長く「男性社会」だったからです

「男は外で働き、女性は家事と育児」みたいな分業体制でやってきました

この歴史が余りにも長いので、日本の男性にも女性にも染み込んでるわけです

女性上司と男性部下という形が上手くいくのか不安だという意見が多いのもこのためです

女性の中には「子育てと仕事の両立に不安がある」という理由で、幹部登用されることを望まない人もいます

本来、男性にはできない女性だけの役割というのは「子供を産む」ということだけのはず

つまり、子育てや家事といった部分は「女性だけの役割」ではありません

しかし、男性も、そして女性自身も、そういったことを「女性の役割」だと思い込んでいる人が多いようです

最近はイクメンという言葉にも表されているように、男性の家事や育児参加が増えてきました

こういった傾向は若い夫婦に多く見られる傾向で、非常に良い傾向です

ちょっと脱線しますが、私が前に勤めていた職場で「子育て座談会」というのをやっていました

これは、子育て中の職員と幹部が集まって、働くうえでの課題を話し合うというものです

その中で、女性職員からよく聞かれた言葉が「うちの夫は家事や育児を手伝ってくれるので助かってます」という話

つまり、女性自体が
家事や育児は、女性が本来担うべき仕事なのに、うちのダンナは手伝ってくれる」と考えているわけですね

そこが根本的に間違っているわけです

こういった、根本的な勘違いというか、慣習みたいなものを払拭することから始めないと女性の活躍する社会の構築は、はるか遠い未来の話になってしまうと思うのです

 

そもそも女性は登用されることを望んでいるのか?

私が以前勤めていた職場でも「女性登用」への取り組みが行われていました

しかし、もともと男性採用率の高い職場だったので女性登用率30%どころか、そもそも職員の女性比率が低いのです

いまから女性採用を増やしても、幹部に登用できるまで何年もかかります

そんな中、優秀と認められる女性職員を昇進させようという動きが活発になっていきました

何人もの女性職員と面接をして、幹部としてやっていく気があるかどうかを確認するわけです

すると、多くの女性職員は消極的なのです

理由はいろいろ

「子供が小さいので、転勤できない」

「男性の部下を持って、やっていく自信がない」

などなど

理由の大半は、女性幹部がいる組織としての環境整備が整っていないことや、配偶者の理解不足に対する不安でした

特に、配偶者(つまり夫)の理解が得られないのではないか?という不安が多かったようです

 

女性登用は夫婦にとって過酷

私は個人的に、「家や子供のことを気にせず仕事に打ち込める環境は楽だなあ」と思ってます

どんなに難しく困難なことでも、それだけに打ち込める状況であればストレスは少ないものです

多くの男性たちが昔から「おれは外で頑張ってるんだ!」といって譲らなかった環境は、実は楽だったからじゃないかなとも思っているくらいです

一方、

「帰って子供の夕食を作らないといけない」とか
「明日は子供の遠足なので弁当の準備をしなければ…」

などと心配しながら、仕事も一人前にこなしていく状況は過酷です

そんな過酷な状況下の女性が、仕事の責任が更に重くなる昇進を臨むでしょうか?

その配偶者(夫)も、妻の仕事が重くなれば自分が育児や家事を気にしながら仕事をすることになります

そんな過酷な状況を簡単に受け入れることができるでしょうか?

これまで長い日本の歴史のなかで、ハッキリと分業されてきた仕事をシェアすること、は思いのほか難しいように感じます

 

まとめ

女性活躍社会を実現し、日本の労働人口不足を解消するためには

「男は外で働き、女性は家庭を守る」という古い慣習を脱却し

「夫婦で働き、夫婦で家事育児」という状況が「普通」だという認識を世の中に浸透させることが先決です

これは、数値目標を掲げることより大切なことだと思います

ちなみに、女性の起業は年々増えています

会社に勤めることだけが、働き方ではないということですね

 

Caution
※ 記事中に記載した法令や情報は執筆時点のものです。その後の改正や変更等で取扱いが変わっている場合があります。
また、読む方のために分かり易い表現で記述しており、著者の個人的見解も多く含まれていますので、前提条件などによっては記事内容の取り扱いと異なる結果になるケースもあります。
実際の解釈や適用に当たっては必ずご自身の責任のもとで再確認等をお願いいたします。


お知らせ


山口県防府市の天河税理士事務所からのお知らせです。

事業を継続し発展させるためには、経営者が事業に専念する時間の確保が重要です。

悩んだり迷ったりしている時間を、経営や営業に使ってください。

当事務所は地元企業の経営者に寄り添い、税務会計を中心にサポートしています。

また、創業して間もない企業やSOHOビジネスの支援にも積極的に取り組んでいます。

税務や経理でお悩みの方は、お気軽にお問い合せください。

※対応エリア~山口県中央部を主体に県内事業者の方に対応いたします。



電話受付9:00~17:00(土日休日除く)


事務所詳細はTOPページへ