キャッシュフローって何?

キャッシュフロー計算書というのをご存知でしょうか?

今回はキャッシュフロー計算書の話ではないので、ご存じなくても大丈夫です(笑)

キャッシュフローという言葉は、早い話「資金繰り」のことです

要は、現金(預金)の出入状況から、事業活動や財務活動でどれだけの現金が残っているかを把握するもので、現金流量とも言われていま

利益(儲け金額)は、帳簿(損益計算)を見れば把握することができます

しかし、資金繰りについて注意しておかないと、利益が出ているのにお金がない!という状況に陥ってしまいます

例えば

創業資金として300万円の借入をしていて、この返済が毎月5万円あるとしましょう

毎月売上が30万円で、原価と経費が20万円だった場合、利益は10万円となります

しかし、借入返済が5万円あるため、お金としては5万円しか残っていないのです

つまり、10万円儲かったと喜んでいても、実は5万円しか手元には無いということです

さらに・・・

売上の入金は請求の翌月末、支払いは都度現金支払い、なんていう場合は

【キャッシュフロー】
売上入金0円-経費支払20万円-借入返済5万円
マイナス25万円となります

収入の入金前に経費や借入金返済の支払いをしているので、キャッシュフローはマイナスとなってしまいます

また、このマイナスサイクルは、売上の入金時期か経費の支払時期が改善されない限り、ずっと続きます

こういった状況が長く続くと、黒字倒産ということになってしまうわけです

こういった状況を少しでも緩和するには、いくつかの対策をとらなければいけません

 

売上の入金ペースを速めてもらう

売上に限らず、収入の入金はできるだけ早く入金されるに越したことはありません

とはいうものの、お客様である得意先との交渉なので難しい面があるのは事実です

消費者相手のビジネスなのか、事業者相手のビジネスなのかによっても難易度は変わってくると思います

元請けが1本で、しかも相手が大手だったりすると交渉の余地がないというケースもあります

そいういった場合には、本業以外に現金収入が得られる別の収入源を確保するという方法が有効になります

最近では、建設業を営む法人がコンビニエンスストアを経営したりして、現金収入を得ているケースも見受けられます

 

支払のペースを遅らせる

店頭現金商売であれば、売れる都度現金入金となるので問題がないように思われがちですが

実際には商品在庫を抱えることになるので、やはり支払いの方が先になってしまいます

こういった場合、商品の回転率を上げることを意識しなければいけませんが、それにも増して仕入代金の支払時期を「いかに遅くできるか」が勝負となります

例えば

仕入の翌月10日支払のケースと翌月末のケースを比較してみます

【設例:取引内容】
3月10日 仕入100
3月12日 売上50
3月20日 仕入100
3月25日 売上100
3月31日 仕入100
4月10日 売上150

【翌月10日のケース】
売上入金3月分150
仕入支払4/10 300
売上入金4月分150

【翌月末支払のケース】
売上入金3月分150
売上入金4月分150
仕入支払4/30 300

翌月10日払だと、仕入代金の支払時点で資金不足になっていることがわかります

このパターンでは、常に運転資金を借り入れしなくてはいけなくなります

一方、翌月末支払のケースでは資金不足にはなっていません

事業資金の借り入れ(融資)は、大きく分けて3種類あります
①創業資金
②設備投資資金
③運転資金

①と②は未来に向かった借入で、事業の発展のための資金といえますので、借入する場合にも比較的容易に融資を受けることができます(金額にもよりますが・・・)

しかし、③の運転資金は、本来事業の回転の中で間に合わせなければいけないお金が不足していることを意味しますので、借入を受けること自体も難しいケースが多いのです

運転資金の借り入れは難しく、リスクが高いことを考えても、キャッシュフローの改善が如何に重要であるかが、お分かりいただけたと思います

資金繰りを良くするためには、支払時期をできる限り遅くすることが必要です

仕入先も早くお金が欲しいと思うでしょうが、一方では、予定した入金が無くなるよりは、遅くても決められた日にきちんと入金される方が安心感があるものなのです

仕入に限らず、給与の支給日なども、収入の入金時期と照らし合わせながら検討して決めることが大切になります

 

支払はクレジットカードを利用

経費関係は可能な限りクレジットカード決済にすれば、出金のタイミングを遅らせることができます

法人経営であれば法人名義のクレジットカードが必要になりますが、個人事業の場合でも事業用クレジットカードを作っておくことをおすすめします

その方が経理が楽です

備品や消耗品、水道光熱費や通信費などの支払いについて、できるだけクレジット決済にしておきましょう

クレジット決済にすることで、経費の大部分が翌月か翌々月の決済になるため1~2か月程度は支払時期を遅らせることができます

また、クラウド会計を利用している場合、クレジット取引を会計データを連携させることで自動仕訳をすることもできますので、経理事務の省力化にもつながります

おまけにポイントもつきます(些細なことですが・・・)今回は入門編という意味で、キャッシュフローと損益計算の違いを簡単に書いてみました

ビジネスを始めたばかりの方や、これからビジネスを始める方の参考になればと思います

 

Caution
※ 記事中に記載した法令や情報は執筆時点のものです。その後の改正や変更等で取扱いが変わっている場合があります。
また、読む方のために分かり易い表現で記述しており、著者の個人的見解も多く含まれていますので、前提条件などによっては記事内容の取り扱いと異なる結果になるケースもあります。
実際の解釈や適用に当たっては必ずご自身の責任のもとで再確認等をお願いいたします。


お知らせ


山口県防府市の天河税理士事務所からのお知らせです。

事業を継続し発展させるためには、経営者が事業に専念する時間の確保が重要です。

悩んだり迷ったりしている時間を、経営や営業に使ってください。

当事務所は地元企業の経営者に寄り添い、税務会計を中心にサポートしています。

また、創業して間もない企業やSOHOビジネスの支援にも積極的に取り組んでいます。

税務や経理でお悩みの方は、お気軽にお問い合せください。

※対応エリア~山口県中央部を主体に県内事業者の方に対応いたします。



電話受付9:00~17:00(土日休日除く)


事務所詳細はTOPページへ