個人事業者の方から質問を受けることが多いのが、

オススメの会計ソフトはありますか?」というものです。

自分で記帳から決算申告までやってみようという方は比較的多く、皆さん会計ソフト選びは悩みます。

そこで、会計ソフトを比較してみようと思い、この記事を書くことにしました。

ただ、世の中には数多くの会計ソフトが存在するので、全てを紹介するのは不可能。

ということで、クラウド会計ソフトの中でも利用者が多い3つの会計ソフトを比較してみました。

会計ソフト選びの参考にしていただければ幸いです。

(スポンサーリンク)

 

会計ソフト選びで一番大事なこと

会計ソフトの比較に入る前に、まず知っておいていただきたいことがあります。

それは「自分に合ったソフトを選ぶことが最も大切」だということです。

いくら高機能のソフトであっても、利用しない機能が多いのであれば無用の長物と言えます。

逆に、いくら値段が安くても必要な機能が付いていなければ意味がありません。

自分が会計ソフトで何をしたいのか?ということを明確にしておくことが最も大切なことなのです。

例えば、

「とりあえず青色申告の65万円控除が取れる帳簿を作れれば良い」のであれば値段の安いソフトでも十分でしょう。

しかし「売上や利益を管理し資金繰りなども定期的にチェックしたい」のであれば、分析レポートの豊富なソフトを選ばなければいけません。

経理を簡単にしたり効率化させたいのであれば、預金や各種サービスとのデータ連携が充実したソフトを選ぶ方が良いということになります。

このように、会計ソフトに求める機能、言い換えれば「会計ソフトを使って何をしたいのか?」によって、選ぶ基準は変わってくるのです。

 

3つのお勧めクラウド会計ソフト

今回紹介するのは、以下の3つの会計ソフトです。

①会計ソフトfreee

②MFクラウド確定申告

③やよい青色申告オンライン

この3つを選んだ理由は、利用者が多いということと、個人事業者向けに「確定申告まで対応」しているソフトであるという点です。

利用者が多ければメーカーに寄せられるユーザーニーズも豊富なため機能改善が行われやすいと考えられます。

また、個人事業者にとって経理や会計処理は「最終的に確定申告のため」にやっているという人が多いので、申告書作成までを一気貫通で処理できるソフトが良いだろうと考えました。

さらに、近年のフィンテックの発達を見るに、クラウド会計は外せないだろうという個人的な思いもあって、敢えてクラウド会計ソフトに絞って紹介しています。

 

料金比較

まずは、最も気になる料金比較からです。

各社とも様々なパッケージがあるので単純比較はできませんが、ポピュラーなパッケージを一覧にまとめてみました。

※以降の料金やプラン内容は、2017年11月現在の情報に基づいて作成しています。

~少し補足説明~

(会計freee)
スターターは消費税申告なし、各種レポートも一部しか対応していないのでオススメしません。
月1000円の差でfreeeの基本機能がほぼ全て使えるのでスタンダードが良いと思います。

(MFクラウド)
無料フリープランは月仕訳15件までなので実務的ではないかもしれません。
安心サポート付プランは電話相談が付加されるだけなのでベーシックがおすすめ。

(やよいオンライン)
やよいのベーシックプランはセルフプランにメール・電話サポートがプラスされるものです。
初年度無料や毎年のコストを考えたらセルフで十分かと思います。

ということで、以降の比較は
・会計freeeはスタンダードプラン
・MFクラウドはベーシックプラン
・やよいオンラインはセルフプラン
で機能などを比較していきます。

上の表だけを単純に見ると、金額的にはfreeeが一番高く、やよいオンラインが一番安いように感じると思います。

ただ、freeeは「バックオフィス全体の効率化」をテーマにしているソフトなので、他社では別途料金がかかる「マイナンバー管理」や「請求書作成機能」が標準装備されています。

これらの機能を含めて料金比較してみたのが下の表になります。

こうしてみると、料金的には各社とも大きな差は無いことが分かります。

また、MFクラウドなどの請求業務には無料から利用できるプランもありますので、請求書発行が少ない事業者の方はオプション料金が不要の場合もあります。

各種プランの詳細は各社のHPなどで確認をお願いします。

MFクラウドのオプションサービス

MFクラウド請求書へのリンク
MFクラウドマイナンバーへのリンク

やよいオンラインの連携請求書サービス

クラウド請求管理サービス Misoca

 

機能別比較

前段落では利用料金を単純比較しましたが、各ソフトごとに特徴的な機能があるので、その辺りも含めて機能別比較表にまとめてみました。

最初の段落でも触れましたが、自分が必要とする機能の有無を吟味して検討していただければと思います。

各種機能についてはオプションとして別途料金が必要なものもありますので注意してください。

 

freeeのお勧めユーザーとお勧めしない人

経理担当者がいない事業者には、バックオフィス全体を「ほぼ」カバーしてくれるfreeeがオススメです。

ネットバンキングやクレジットカードだけでなく、様々なサービスとデータ連携できるので、経理や会計処理の時間を大幅に短縮できます。

ただ、ネット上でデータを連携させたり、銀行や各種サービス提供者とネット利用契約をするため、パソコンやネットの知識が少ない方にとってはハードルが高いです。

データ連携による「自動処理」を前提に設計されているので、従来の手入力に慣れている人や手作業が好きな方にとってはメリットの少ないソフトかもしれません。

逆に、可能な限りバックオフィス業務を省力化したいと考えている人にはメリットが大きく、事業が拡大していった場合には、経費精算や電子帳簿機能などで、より大きな効率化メリットが得られるはずです。

将来法人化した場合には、freeeアドバイザー登録している数千人の税理士を紹介してもうらうことが可能です。

また、freee独自の法人税申告システム(税理士事務所にのみに提供)があるので、freeeを利用したまま税理士に依頼しやすいというメリットもあります。

また、アドバイザー税理士に依頼すれば、自社のデータを税理士事務所と共有できるので、従来の「書類のやりとり」によるロスを減らすことができます。

将来のことも考えてバックオフィス全体を効率的に処理したいという方は「会計ソフトfreee」がオススメ

会計ソフトfreeeについて詳しく見てみる

 

MFクラウドのお勧めユーザーとお勧めしない人

MFクラウドの一番の特徴は「無料」で利用できるという点です。

「無料お試し期間」の設定はfreee(30日)や弥生オンライン(1年)にもありますが、MFクラウドの場合、仕訳数が月15件以下なら「永久に無料」で利用できます。

入力作業については、「簡単入力」機能があるので簿記や会計の知識が少ない人でも、慣れれば会計処理が比較的簡単にできます。

また、freeeと同様に数多くの金融機関や決済サービスと連携できるので、経理や会計処理の効率化が図れますが、やはりネットやPCの知識が必要になります。

請求書作成やマイナンバー管理などは別途料金が発生します(注)ので、この機能が必須の方はfreeeを利用することをお勧めします。

(注)請求書は取引先3件、マイナンバー管理は1人までなら無料。

会計業務の効率化を考えている方にとっては、freeeと同様にメリットの大きいソフトです。

将来、法人化した場合には、MFクラウドパートナーとして登録している数千人の税理士を紹介してもらうことが可能です。

パートナー税理士であれば、自社のデータを税理士事務所と共有することができるので「書類のやりとり」によるロスを減らすことができます。

ただし、専用の法人税申告システムが無いので、税理士事務所側がデータ変換して法人税申告書を作成しなければならず、場合によっては税理士事務所の提供する会計ソフトに変更させられる可能性もあります。

もっとも、freeeもMFクラウドも、多くの税理士専用システムへ容易にデータ変換できるよう設計されているので、ほとんどの税理士事務所は「データ変換」で対応してくれるとは思います。

経理や会計処理を効率化したいけど、必要な機能だけあれば良いという方は「MFクラウド」がオススメ

MFクラウド確定申告の詳細はこちら

 

弥生オンラインのお勧めユーザーとお勧めしない人

やよいオンラインの最大の特徴は、値段の安さと無料お試し期間の長さ(1年間)です。

「簡単入力」機能があるので、簿記や会計の知識が少ない人でも、慣れれば会計処理が比較的簡単にできます。

データ連携は銀行口座とクレジットカードが主体なので、数多くの様々なサービスと連携して経理や会計を効率化させたい方はfreeeかMFクラウドの方がオススメです。

データ連携せず、自分で手入力する方が分かりやすいという方にとっては、入力方法が数種類用意されている弥生オンラインがオススメです。

3つの会計ソフトの中では、有料プランの価格が一番安いソフトです。

最初の1年間が無料というのも魅力的ですよね。

将来、法人化して税理士に依頼するときには、弥生PAP会員の税理士や会計事務所へ依頼すれば、そのまま会計ソフトを利用できます。

また、弥生ユーザーは世の中に多いため、多くの税理士専用システムは弥生会計のデータを取り込めるよう設計されたものが多く、PAP会員以外の税理士事務所でも弥生会計を利用したまま対応してくれる所は多いと思います。

経理や会計と決算申告だけ利用できれば十分なので、安いソフトで良いという方は「やよいオンライン」がオススメ

やよい青色申告オンラインの詳細はこちら

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

各ソフトとも目指すところが違っているので、やはり「自分の利用目的に合ったソフトを選ぶ」ことが大切になってきます。

なお、freeeMFクラウドは相互にデータ変換(乗り換え)ができるほか、弥生のデータも取り込むことが可能です。
(注)MFクラウドやfreeeから弥生会計へのデータ変換は難しいです。

使ってみて不便を感じるようであれば、比較的簡単にソフトを乗り換えることができるのも、クラウド会計ソフトの特徴ではないでしょうか。

 

Caution
※ 記事中に記載した法令や情報は執筆時点のものです。その後の改正や変更等で取扱いが変わっている場合があります。
また、読む方のために分かり易い表現で記述しており、著者の個人的見解も多く含まれていますので、前提条件などによっては記事内容の取り扱いと異なる結果になるケースもあります。
実際の解釈や適用に当たっては必ずご自身の責任のもとで再確認等をお願いいたします。


お知らせ


山口県防府市の天河税理士事務所からのお知らせです。

事業を継続し発展させるためには、経営者が事業に専念する時間の確保が重要です。

悩んだり迷ったりしている時間を、経営や営業に使ってください。

当事務所は地元企業の経営者に寄り添い、税務会計を中心にサポートしています。

また、創業して間もない企業やSOHOビジネスの支援にも積極的に取り組んでいます。

税務や経理でお悩みの方は、お気軽にお問い合せください。

※対応エリア~山口県中央部を主体に県内事業者の方に対応いたします。



電話受付9:00~17:00(土日休日除く)


事務所詳細はTOPページへ