会計ソフトfreeeが、利用者をどんどん伸ばしていってるようです

私も、freee認定アドバイザーなので、ちょっと嬉しいw

今回は、そのfreeeの導入を検討している方や、会計ソフトを何にすればよいか?と迷っている方のために

freeeの特徴などをまとめてみました

 

freeeのメリット

freeeの宣伝文句は「全自動のクラウド型会計ソフト」です

何が全自動なのか?

本当に全自動なのか?

その辺を見ていきましょう

①領収証を写真で取り込んで自動経理

経費の領収証などは写真で取り込むとOCR読み取りで「ある程度」自動仕訳をしてくれます

読み取り不能で埋まらなかった項目は手入力になります

さきざき電子帳簿保存を予定している方にはメリットがあると思うのですが

写真を取り込む時間があれば、手作業で仕訳入力が十分できてしまいますwww

②電子取引アプリとデータ連携で自動仕訳

全自動というのは、この部分を指していると言って良いでしょう

freee以外にも、同じようにデータ連携できる会計ソフトはあるのですが

連携先の多さや、データ連携エラーの少なさでは、今のところfreeeが1歩リードという感じです

主な連携内容は次のとおりです

預金取引~主要なネット銀行、ネットバンキング

支払経理~主要なクレジットカードサービス

入出金経理~各種決済サービス

売上管理~レジアプリ(Airレジ、Squareなど)

物品購入~ASKUL、Amazonなどの取引データとも連携

※自動仕訳と言っても、個別に確認登録が必要です
※毎月決まった取引などは最初に1度登録しておけば、以降は自動仕訳となります

③請求書発行、入金管理、会計処理を一元化

実は、ここが一番のポイントで、経理を大幅に効率化できる要素です

従来の経理処理では、売上の請求書発行、入金管理、仕訳処理を別々の作業として行う必要がありました

このため、複数のエクセルシートを作成したり、入金の消込作業に時間がかかったりしていました

さらに、これらの売上管理資料に基づいて会計仕訳を別途作業として行っていたため、照合チェックにも時間を要することになっていたのです

Freeeでは、これら一連の作業をシームレスに行うことが可能です

Freeeに搭載された見積・請求システムで請求書の作成発行を行うと、自動的に売上仕訳が立ちます

同時に売掛台帳データとしても登録されるので、後日、ネットバンキング連動で入金処理をすれば自動で売掛金の消し込み処理も行われるのです

当然、入金時の会計仕訳も自動で行われます

シームレスに処理することで、各処理ごとのデータ受け渡し作業が不要になるばかりか、照合チェック作業も不要なので、大幅な効率化ができるということなのです

freeeの試算では経理の効率が50倍アップするとのことです

④個人事業者の確定申告作成にも対応

個人事業者プランなら、決算から確定申告まで対応していますので、このソフト1本で全て完結できます

なお、消費税申告が必要な方は、消費税申告に対応したプランに申し込む必要がありますので注意しましょう

⑤他にも様々なサービスが提供されています

freeeでは、法人設立届出プログラムも提供されており、画面指示に沿って作業をすれば法人設立手続きができます

ただし、定款記載事項や資本金額などの決定は専門家に相談することをお勧めします

さらに、最近になってNPO法人の決算書へのデータ変換対応シートも提供されはじめました

※NPO法人などの公益法人会計は部門別経理が必要となりますので、freeeではビジネスプラン(月額3,980円)を契約する必要があります

 

あえてデメリットを挙げるとすれば

個人的な見解も含めて、あえてデメリットも挙げておきます

・個人のスモールビジネス対応だけであれば、他の会計ソフトの方が安いものもある(機能は弱い)

・従来の会計ソフトに慣れている人にとっては、逆に操作がしずらいので、大部分の取引をデータ連携しないと、自動仕訳にならない部分が増えて、慣れるまでは作業量が増える場合がある(慣れれば同じですが)

というくらいですが、次々と改良されているので余り見当たりません…

 

ちなみに・・・

ちなみに

当事務所が主に使用している会計ソフト(A-saas)もクラウド型です

こちらは、会計ソフト給与ソフトを一体で利用できるパッケージとなっていて、顧問契約先のお客様は無料で利用できます

このシステムは、税理士事務所向けのソフトなので、部門別会計や建設業会計などにも対応しています

そういった面では、freeeよりも法人会計に向いているソフトだと思います

なお、freeeにも「給与ソフトfreee」がありますが、別途料金が必要です
※基本1,980円(月額・税込)
※従業員4人以上の場合は、4人目から1人あたり300円の追加料金が必要です

 

あなたに合ったクラウド会計ソフトを選びましょう

freeeもA-saasもクラウド会計のため、常に顧問先と会計事務所がタイムリーにデータ共有できるメリットがあります

クラウドなら、会計事務所の仕訳チェックや、処理が不明な場合の問い合わせなども簡単で効率的になります

会計事務所に記帳代行を依頼されている場合でも、事業者の方が会計情報を抽出して随時確認することができます

さらに、freeeで大部分の経理を自動化できれば、会計事務所に記帳代行を依頼する必要もなくなり、会計事務所に支払うコストを抑制できます

freeeで大部分を自動経理できれば、あとは決算処理と法人税申告書の作成のみを税理士に依頼すれば良いだけになります

 

ご自身のビジネス内容にマッチした会計ソフトの導入を検討しましょう

あなたの事業内容や事業規模、そして、将来の展望などによっても、メリットとデメリットは変わってきます

ネットビジネスを主体にしている事業者の方なら、freeeのデータ連携は非常にメリットとなります

また、いずれは法人化を計画している事業者の方であれば、freeeで簡単経理をするよりも、税務会計ソフトで会計スキルを上げておくこともメリットになるかもしれません

会計ソフトfreeeは無料でお試しができます

Caution
※ 記事中に記載した法令や情報は執筆時点のものです。その後の改正や変更等で取扱いが変わっている場合があります。
また、読む方のために分かり易い表現で記述しており、著者の個人的見解も多く含まれていますので、前提条件などによっては記事内容の取り扱いと異なる結果になるケースもあります。
実際の解釈や適用に当たっては必ずご自身の責任のもとで再確認等をお願いいたします。


お知らせ


山口県防府市の天河税理士事務所からのお知らせです。

事業を継続し発展させるためには、経営者が事業に専念する時間の確保が重要です。

悩んだり迷ったりしている時間を、経営や営業に使ってください。

当事務所は地元企業の経営者に寄り添い、税務会計を中心にサポートしています。

また、創業して間もない企業やSOHOビジネスの支援にも積極的に取り組んでいます。

税務や経理でお悩みの方は、お気軽にお問い合せください。

※対応エリア~山口県中央部を主体に県内事業者の方に対応いたします。



電話受付9:00~17:00(土日休日除く)


事務所詳細はTOPページへ