こんにちは、税理士の天河(あまかわ)です

わたくし、実は昔から「人見知り」です

初対面の方と話すのが苦手でして、特にコワモテの方には必ずビビります(笑)

でも、税務署生活29年のおかげで、仕事モードのときはあまり人見知りしなくなりました

人は成長するものなんですね~

そんな人見知りの私が、多くの方と出会って感じたことは

「人は第一印象ではない!」ということなのです

 

人は第一印象が90%って本当?

つい先日、とある偉い方が言ってた言葉です

「人は第一印象が90%」

一理あります

確かに、その通りだと思うこともあります

が、しかし

人見知りの私としては、第一印象が悪い人ほど、その後に仲良くなっている傾向があるのです

どういうことかというとですね

初対面

人相悪くて、怖そう・・・

話してみたら、普通

いや、むしろサッパリしてて話やすいぞ!

思ったよりも優しい人だ!

というプロセスを経て、仲良くなってます

重要なのは最後のところ

「思ったよりも~」という部分なのです

第一印象が悪いと、普通の人でも、とても優しい人と感じてしまいますよね

相対性理論ですね(たぶん違いますね~笑)

ギャップですね

第一印象が悪いと、普通のことが、良い印象に感じられるから不思議です

逆に、第一印象が「とても優しそうな人」だと、ちょっと厳しいことを言われただけで

「そんなヒドイこと言うひとだとは思わなかった!」ってなったりします

あまりにも第一印象が良すぎるというのも、以後のお付き合いが難しくなるのではないかな?と思うわけです

そんな経験から、わたくしが導き出したのが

「人は第一印象では分からない」ということなのです

最近テレビで引っ張りだこの芸能人と言えば、有吉弘行と坂上忍ですよね

この二人は「毒舌」で周囲の芸能人に噛みついたりする芸風(?)がウケて売れたわけです

しかし、一見すると人の悪口を言ったりする「嫌な性格」の人間だと思わせておいて、一方では「シャイ」や「以外に優しい人」という評判が徐々に広がっていったことが、その人気に火をつけた要因なのです

これも、第一印象とのギャップがもたらした効果だと言えます

マツコ・デラックスさんなんかも、第一印象は太ってて、横柄で、口が悪い!というものでしたが

テレビへの露出が増えていくなかで、「頭が良い」とか「意外と気を遣う人」というイメージが出てきたことから、さらに人気が高まったといえるのではないでしょうか

そんなわけで

たしかに第一印象も大事なのですが、ルックスや見た目や人相に惑わされることなく、その人の「人柄」を大切にしてお付き合いしていくのがいいのかなと思います

ただし

第一印象で、「不潔」や「だらしない」感じが出てしまうと、ビジネスの世界では名誉挽回が厳しいので、身だしなみには注意しないといけませんね

なんか、今回はとりとめもない話でした

 

Caution
※ 記事中に記載した法令や情報は執筆時点のものです。その後の改正や変更等で取扱いが変わっている場合があります。
また、読む方のために分かり易い表現で記述しており、著者の個人的見解も多く含まれていますので、前提条件などによっては記事内容の取り扱いと異なる結果になるケースもあります。
実際の解釈や適用に当たっては必ずご自身の責任のもとで再確認等をお願いいたします。


お知らせ


山口県防府市の天河税理士事務所からのお知らせです。

事業を継続し発展させるためには、経営者が事業に専念する時間の確保が重要です。

悩んだり迷ったりしている時間を、経営や営業に使ってください。

当事務所は地元企業の経営者に寄り添い、税務会計を中心にサポートしています。

また、創業して間もない企業やSOHOビジネスの支援にも積極的に取り組んでいます。

税務や経理でお悩みの方は、お気軽にお問い合せください。

※対応エリア~山口県中央部を主体に県内事業者の方に対応いたします。



電話受付9:00~17:00(土日休日除く)


事務所詳細はTOPページへ