こんにちは、税理士の天河(あまかわ)です

ビジネスをおこなううえで重要なのはマーケティングとセールスです

どちらも客のベネフィットに訴求する必要があります

そのためには、あなたの顧客(ターゲット)のベネフィットとは何かを知る必要がありますよね

 

なんで?と掘り下げていく

NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」で、「なんでですの?」というフレーズがよく出てきます

この「なんで?」というのはビジネスのうえでは、とても大切な考え方のひとつです

常に「なんで?」という姿勢で臨むことが、顧客の欲求を知ることや事業の改革につながっていきます

うちの会社の固定費率が高いのはなんで?

新商品の売上が伸びないのはなんで?

あまり力を入れていなかったサービスがウケているのはなんで?

顧客のベネフィットを探る場合もおなじことがいえます

例えば・・・

ダイエットをしたい

なんで?

痩せたいから

なんで?

去年買ったお気に入りのスカートがキツクなったから

という具合に

この顧客の場合、お気に入りのスカートが入る程度まで痩せることができるダイエットがしたいわけです

それが分かれば、どんなコースでサービスを提供すれば良いかを考えることができます

顧客のベネフィットに訴求することで、成果は大きく違ってきます

先に挙げた例でも、「ダイエットしたい」という情報だけでは、どんなダイエットジムを紹介すればよいのかが分かりません

的外れな「筋肉モリモリになるダイエット」をお勧めしても、成約はとれません

 

あなたの商品のベネフィットは?

あなたが顧客に提供する商品やサービスは「どんな人」の役に立つのでしょうか?

ここでいう「どんな人」は「どんな欲求を持っている人」という意味になります

こうしてターゲットを適切に絞り込むことからマーケティングはスタートします

ターゲットの絞り込みも、やはりベネフィットを知ることからです

もっと言えば、商品やサービスを生み出すときにも、実は無意識に消費者のベネフィットを考えているはずなのです

「この商品を使えば、家事がすごく楽になるぞ」とか

そのことを、セールスコピーなどで具体的に訴えていければ、自然に消費者の目にとまる広告がつくれるはずです

さらに「なんで?」をつかって掘り下げていけば、より具体的なセールスをおこなうことができます

マーケティングやセールスの基本的な考え方というのは

ドライバーを買おうと思っている人はドライバーが欲しいのではなく、本棚を組み立てたいだけ

というように、消費者の本当の目的、その人の「未来」に訴えかけることなのです

あなたがビジネスで扱っている商品やサービスは「誰の、どんな未来」を切り開いてくれますか?

 

Caution
※ 記事中に記載した法令や情報は執筆時点のものです。その後の改正や変更等で取扱いが変わっている場合があります。
また、読む方のために分かり易い表現で記述しており、著者の個人的見解も多く含まれていますので、前提条件などによっては記事内容の取り扱いと異なる結果になるケースもあります。
実際の解釈や適用に当たっては必ずご自身の責任のもとで再確認等をお願いいたします。


お知らせ


山口県防府市の天河税理士事務所からのお知らせです。

事業を継続し発展させるためには、経営者が事業に専念する時間の確保が重要です。

悩んだり迷ったりしている時間を、経営や営業に使ってください。

当事務所は地元企業の経営者に寄り添い、税務会計を中心にサポートしています。

また、創業して間もない企業やSOHOビジネスの支援にも積極的に取り組んでいます。

税務や経理でお悩みの方は、お気軽にお問い合せください。

※対応エリア~山口県中央部を主体に県内事業者の方に対応いたします。



電話受付9:00~17:00(土日休日除く)


事務所詳細はTOPページへ