人が社会生活を文化的に送るために必要なものは沢山あります

その中でも重要なものが「服」です

服を着なければ、サルと同じですからね(笑)

ビジネスをする上でも「服」は重要なアイテムになる場合が多いと思います

制服やユニフォームは、その職種を一目で見分けることができるだけでなく、社員の統率や一体感を生み出す効果も持っています

ところが・・・

税務的な取り扱いを見ると、「服」に関しては非常に曖昧でグレーゾーンの部分が多いのです

要は、経費で落とせるかどうか?とうことです

(スポンサーリンク)

 

経費になる服

制服、ユニフォームなど、使用者側が強制しているもので、従業員に選択の余地がないもの

あるいは、作業服のように安全性確保の観点から、その服を着なければ仕事が出来ないような場合

こういったケースであれば、その「服」は税務上の経費として認められるでしょう

ポイントは

「事業遂行上、その服を着なければならない」という強制や拘束が有るか否かです

単に、作業がしやすいとか、イメージが良いから、というだけでは経費性が「?」になってしまいます

 

経費にならない服

いくら事業をする上で着用しているからといっても、一般的に「服」は必要経費になりません

さらに、ビジネスマンの戦闘服とも呼ばれている「スーツ」も経費にならないとされています

これは、法人役員や従業員は給与所得者なので、給与所得控除として間接的に必要経費を認めているという解釈なのです

つまり、スーツは個人持ちだという解釈なんですね

言い換えれば、スーツのように各自が自由に選べるような服は経費性が認められていないのです

スーツの場合、上記の「経費になる服」の項でも説明したような強制や拘束は無いと考えられているのです

また、スーツは仕事の時以外でも、プライベートで着用する機会があるので、必要経費として認められないという考え方もあります

しかし、実際には「スーツは仕事の時だけ着用している」という人や、「スーツ以外で仕事に行くことはできない」という職種の人もいます

私のように税理士という職業もそうです

実は、税理士の多くは、この「スーツが必要経費にならない」という取り扱いには疑問を投げかけています

しかし、過去に「スーツは必要経費にならない」という判例が存在するため、国税当局の取り扱いが変わることはないのです

 

グレーゾーンの服

接客業における着物やドレス、芸能人の衣装などは必要経費になる場合もあります

これは、その仕事をしていなければ「絶対に」購入することのない服だから経費になるという考え方になります

仕事以外で使い道のない服は、経費性があるということなんですね

歌手の小林幸子さんが紅白歌合戦で使う派手な衣装などが分かりやすい例です

一方、よく問題になるのが、接客業の場合のドレスや着物です

これらの服は、前述のスーツと同じくプライベートでも着用することができます

ということは、スーツの判例を引用して「必要経費にならない」と解釈するのかといえば、そうではありません

個人事業の場合、高額な着物やドレスは事業使用割合で一部必要経費算入が認められる場合があるのです

面白いのは・・・

これらの服が高額なら経費として認められ、普通の洋服は認められないという矛盾が生じている現状です

つまり「仕事で必要だから、こんなに高価なものを購入した」のだから経費性があるという考え方なのです

これが、普通の値段の普通の服だったら、「仕事してなくても購入するでしょ?」ということになってしまい、経費性が認められないケースが出てきます

注意して欲しいのは、何でもかんでも経費として認められるわけではないということ

色々な状況や事実関係によっては、必要経費として認められないケースもあるので、詳しくは専門家に相談することをお勧めします

 

最後に、まとめ

今回は服と税務について書きましたが、ビジネスをする上で「衣装」や「ユニフォーム」は大切なアイテムです

私たち税理士でも、服装は大切です

スーツ姿の税理士とTシャツ&ジーンズの税理士だったら、どちらが信用できますか?

あまりにもラフな格好でお客様の前に現れるような税理士に信頼を寄せるのは難しいかもしれませんよね

しかし、ラフな格好をしている人は「自分は外見なんか関係ないです!実力を見てください!」という、満ち溢れる自信の表れとも言えます けど・・・

そういえば、東京や大阪方面の若い税理士さんはスーツをあまり着ていませんね

ますます、スーツが必要経費として認められにくい情勢になりつつあります(笑)

 

Caution
※ 記事中に記載した法令や情報は執筆時点のものです。その後の改正や変更等で取扱いが変わっている場合があります。
また、読む方のために分かり易い表現で記述しており、著者の個人的見解も多く含まれていますので、前提条件などによっては記事内容の取り扱いと異なる結果になるケースもあります。
実際の解釈や適用に当たっては必ずご自身の責任のもとで再確認等をお願いいたします。


お知らせ


山口県防府市の天河税理士事務所からのお知らせです。

事業を継続し発展させるためには、経営者が事業に専念する時間の確保が重要です。

悩んだり迷ったりしている時間を、経営や営業に使ってください。

当事務所は地元企業の経営者に寄り添い、税務会計を中心にサポートしています。

また、創業して間もない企業やSOHOビジネスの支援にも積極的に取り組んでいます。

税務や経理でお悩みの方は、お気軽にお問い合せください。

※対応エリア~山口県中央部を主体に県内事業者の方に対応いたします。



電話受付9:00~17:00(土日休日除く)


事務所詳細はTOPページへ