単なる事務代行ではありません

独立・開業したばかりで帳簿や決算に不安があるという事業者の方は多いのではないでしょうか。

記帳や決算だけを事務代行してもらうのであれば、商工会や青色申告会などにお願いする方法もありますし、記帳代行会社に事務委託することもできます。

しかし、これらの団体や会社がおこなう記帳は「事務的なもの」に留まっているケースが多く見受けらるのも事実です。

一方で、税理士や会計事務所が行う記帳や決算は、事業の発展や安定化、さらに節税や税務調査対策などを視野に入れて作業が行われるものなのです。

会計事務は、経営活動の様々な数値データを分析することにより経営計画や経営判断をするためのものなのです。

そして、財務や会計の分析には専門的な知識や経験が必要となってきます。

こういった専門的業務を行うのが、税理士や会計士といった専門家の職務なのです。

単に「事務作業の流れ」として経理や会計処理をおこなうことは、企業の将来に影響を及ぼすかもしれません。

 

税理士だけができる税務代理

税理士だけに認められている業務に「税務代理」というものがあります。

税務代理の主な例
①税務申告を納税者の方に代わって作成し提出
②給与の源泉所得税計算など、税額算出を伴う事務を代行
③税務相談を受ける
④税務調査の際に法定代理人として応対

 

税務申告書の作成代行を含め、税金の計算や取り扱いにかかわる事務処理代行や相談は税理士にしかできません。

最初にも述べたとおり、記帳や決算の事務代行だけを委託した場合、相談もできませんし申告や税務調査に対応してもらうこともできないのです。

ただ単に、帳簿や決算書が「事務的に作成される」だけなのです。

 

税務調査などの不安に対応します

多くの経営者は「税務調査」に対する不安も抱えています。

一般的には、許される範囲で少なくしたいと考える人が多く、企業の資金繰りを考える経営者であれば当然のことです。

しかし、一方で「この会計処理は、税務署に認めてもらえるのだろうか?」という不安も付きまとうことになります。

記帳代行会社などに事務処理を委託していても、この不安は払拭されません。

税務調査や税務署からの問い合わせに適切に対応する「法定代理人」になれるのは税理士だけなのです。

 

パートナー税理士を目指して

税理士だから、できることがあります。

税理士にしか、できないこともあります。

単なる「事務処理を請け負うだけの事務所」ではなく

税務・会計・経営のパートナー」として

企業経営者に寄り添う税理士でありたいと私は考えています。

経営者の方が抱えるお悩みやお困りごとに対し、

お客様と共に悩み、共に解決策を探していきたいと考えております

・帳簿を付ける時間がない!・売上が増えてきたので法人化をしたい
・法人を設立したけど、手続きはどうするの?
・そろそろ税務調査がくるのでは?
・相続税の準備は何をすればいいの?

 

あなたの不安やお困りごとは、天河税理士事務所にご相談ください

 

Caution
※ 記事中に記載した法令や情報は執筆時点のものです。その後の改正や変更等で取扱いが変わっている場合があります。
また、読む方のために分かり易い表現で記述しており、著者の個人的見解も多く含まれていますので、前提条件などによっては記事内容の取り扱いと異なる結果になるケースもあります。
実際の解釈や適用に当たっては必ずご自身の責任のもとで再確認等をお願いいたします。


お知らせ


山口県防府市の天河税理士事務所からのお知らせです。

事業を継続し発展させるためには、経営者が事業に専念する時間の確保が重要です。

悩んだり迷ったりしている時間を、経営や営業に使ってください。

当事務所は地元企業の経営者に寄り添い、税務会計を中心にサポートしています。

また、創業して間もない企業やSOHOビジネスの支援にも積極的に取り組んでいます。

税務や経理でお悩みの方は、お気軽にお問い合せください。

※対応エリア~山口県中央部を主体に県内事業者の方に対応いたします。



電話受付9:00~17:00(土日休日除く)


事務所詳細はTOPページへ