クラウド会計ソフトの利用者が増えています。

大きな要因として、ネットバンキングやクレジットカードなどの取引データを会計ソフトに連携できるからだと思います。

以前は預金通帳を見ながら1件づつ入力をしいたものが、データ連携で仕訳が推測されたり自動仕訳されたりするわけですから、かなり楽です。

データが連携されているので、日付と金額の入力間違いは起こりません。これもクラウド会計を利用する大きなメリットと言えます。

さらに、会計freeeのような自動仕訳機能を有効に活用すれば、財務状況を素早く把握することもできます。

そんなクラウド会計を有効に使うために、データ連係に関する注意点などをまとめてみました。

連携できるデータとは

会計ソフトに連携できる主なものとしては、

  • 預金
  • クレジットカード
  • レジデータ
  • ECサイト
  • 決済サービス

などがあります。

クラウド会計ソフトを効果的に利用するのであれば連携可能なものは全て連携した方が事務処理は効率的になります。

ただし、連携可能なサービスを何でもかんでも会計ソフトに連携させれば良いというわけでもありません。

連携しない方がよいデータ

連携しない方が良いデータというのは、ひと言で言うと

事業取引の比率が少ない口座やサービス(データ)

特に個人事業主の方は注意が必要です。

預金口座を例にすれば、内容の大部分が個人的な取引で、一部だけ事業に関する取引があるような口座はデータ連係しない方が良いです。

このような口座を連携してしまうと、事業には関係ない個人的取引まで全て仕訳を起こすことになり、無駄な事務量が増加します。

また、クレジットカードについても、その利用の多くが個人的なものであれば連携しない方が良いでしょう。

これら事業用の利用が少ない口座については、事業関連取引だけを個別に手入力(事業主勘定や役員貸借勘定)で仕訳した方が早いです。

そもそもの話をすれば、事業取引と個人的取引がひとつの口座に混在していること自体、望ましい状態ではありません。

クラウド会計ソフトを効果的に利用するためには、まず事業用の口座と個人の口座を明確に分けることが先決です。

連携するなら全ての口座を連携する

前段で説明したとおり、事業用口座と個人口座を区分できたら、次のステップです。

各種サービスのデータを会計ソフトに連携するなら、可能なものは全て連携しないと、かえって事務処理が煩雑になります。

例えば、預金口座だけ連携し、クレジットカードを連携していないケースを見てみましょう。

まず確認いただきたいのは、クレジット取引の仕訳例です。

仕訳例

①取引時~経費科目/未払金(クレジット)

②支払時~未払金(クレジット)/預金

 

預金口座は連携しているので、②のクレジット代金引落しは連動処理できます。

しかし、代金の引落しは1ヵ月分の取引をまとめて引き落すものです。

様々な取引をクレジット利用している場合、取引ごとに科目や内容を確認する必要があります。

つまり、①の仕訳をクレジット利用明細から手作業で入力することになるわけです。

クレジットカードをデータ連携されていれば、①の仕訳も連動処理できます。

事業用のクレジットカードを利用する場合は、必ず連携させることをオススメします。

他にも、ECサイトで事務用品や消耗品を購入することが多い方は、これらのECサイトともデータ連携しておけば会計処理が楽になります。

ECサイトを連動するときの注意点

前段ではクレジットカードの連携について触れましたが、最近ではECサイトで事務用品などを購入するケースも多いと思います。

この場合も、連携可能なECサイトは可能な限り連動設定しておくことが大切です。

ただ、ひとつだけ知っておいていただきたいのは、仕訳が少し複雑になるということです。

例えば、ECサイトで事務用品を購入し、クレジットカード払いとした場合を見てみましょう。

仕訳例

①取引時~消耗品費/未払金(ECサイト)

②クレジット決済時~未払金(ECサイト)/未払金(クレジット)

③支払時~未払金(クレジット)/預金

 

以上が仕訳の流れです。

①はECサイトで物品購入したときの仕訳です。このときに経費が計上されます。

②は物品代金がクレジットカード決済されたときの仕訳です。未払金の相手先がECサイトからクレジットカードに変わるわけです。

③はクレジットカードの代金が決済されたときの仕訳です。実際に金銭が支払われたときの仕訳になります。

少しややこしいので、簿記の知識がないと手作業で仕訳をするにはハードルが高いです。

しかし、クラウド会計にデータ連携しておけば、①~③はデータ連携によって仕訳処理ができますので、比較的簡単に処理できると思います.

連携できる会計ソフトは限られている

ここまで書いてきたように、クラウド会計ソフトを効果的に利用するためには、できるだけ多くの口座やサービスとデータ連係させることが重要になります。

しかし、ひと口にクラウド会計ソフトといっても連携可能なサービスはそれぞれ違います。

中には銀行の預金口座しか連携できないようなソフトもあります。

私は会計freeeを利用していますが、預金やクレジットカードはもちろん、レジアプリやECサイト、決済サービスなどと数多く連携可能となっていますので、現段階では会計freeeが一番使いやすいと感じています。(個人的感想です)

クラウド会計ソフトといえば、ほかにもMFクラウドが有名で、こちらも数多くの金融機関やサービスと連携可能になっています。

それぞれのサイトのリンクを以下の貼っておきますので、参考にしてみてください。

マネーフォワードについては、同社の別アプリ「マネーフォワードME」の対応金融機関一覧表のリンクも参考に貼っておきます。

ご自身が利用している金融機関、クレジットカード、各種サービスと連携可能かどうかをご検討ください。

注)各会計ソフトの連携口座を確認するためには無料登録が必要です。

≫会計ソフトfreee

≫マネーフォワードクラウド会計

≫(参考)マネーフォワードME 対応金融機関一覧

関連記事

防府市の事業者の方は、こちらのコラムも参考にしてみてください。

防府市の金融機関とクラウド会計ソフトの連携状況などを比較

 

 

Caution
※ 記事中に記載した法令や情報は執筆時点のものです。その後の改正や変更等で取扱いが変わっている場合があります。
また、読む方のために分かり易い表現で記述しており、著者の個人的見解も多く含まれていますので、前提条件などによっては記事内容の取り扱いと異なる結果になるケースもあります。
実際の解釈や適用に当たっては必ずご自身の責任のもとで再確認等をお願いいたします。


お知らせ


山口県防府市の天河税理士事務所からのお知らせです。

事業を継続し発展させるためには、経営者が事業に専念する時間の確保が重要です。

悩んだり迷ったりしている時間を、経営や営業に使ってください。

当事務所は地元企業の経営者に寄り添い、税務会計を中心にサポートしています。

また、創業して間もない企業やSOHOビジネスの支援にも積極的に取り組んでいます。

税務や経理でお悩みの方は、お気軽にお問い合せください。

※対応エリア~山口県中央部を主体に県内事業者の方に対応いたします。



電話受付9:00~17:00(土日休日除く)


事務所詳細はTOPページへ