できるかできないかで悩むくらいなら、まずやってみることです

最近、大河ドラマの影響で吉田松陰の言葉を取り上げています

私なりの解釈を書いていますが

現代に通じる名言も多いので参考までにどうぞ

吉田松陰の言葉です

決心して断行すれば、何ものもそれを妨げることはできない

大事なことを思い切って行おうとすれば

まずできるかできないかということを忘れなさい

 

新しいことにチャレンジするとき

特に新規事業に乗り出したり、独立開業をしようと考えたり

そんなときに頭をよぎるのが

「本当に自分にできるのだろうか?」
という疑念や不安です

まわりの人からも「大丈夫?」と心配されて、なおさら不安になったりします

私も独立開業する前と開業直後には、多くの人から心配されました

自分自身も少なからず不安がありました

でも、独立すると決心したときに、不思議と不安が消えたように思います

大丈夫かな?とか考えてる暇もなく

やりたいこと

やりたかったこと

やらなければいけないこと

などなどが、頭に浮かんできて、不安という感情が入り込む隙間が無かったのかもしれません

大事なことを思い切って行おうとすれば、不安な気持ちもなくなります

脱サラして独立を考えているひとは、ここがポイントです

自分がこれからやろうとしていることに突き進む強い思いがあるかどうかです

「できるかできないか」ではなくて

やってやるぜ!

 

みたいな感じでしょうか

 

 

【コラム投稿に関する注意点】

コラム(税理士の日記)に投稿された内容は、執筆当時の法令や情報等に基づいており、前提条件を限定した内容となっています。

安易にそのまま適用されることのないよう、お願いいたします。

実際の税務や会計の処理にあたっては、最新の法令やご自身の条件を検討のうえ、不明な点は専門家等へ個別にご相談してください。