ひとり企業を応援したい件

最近増えているのが「ひとり企業」です

個人事業であれ法人経営であれ、社長1人で事業をするという形態が増えてきています

以前「経営者が孤独な理由」という記事を書きましたが、まさに孤独な事業形態ともいえます

と言いながら、私も1人事業主なのですが・・・

1人で事業を立ち上げ、そして運営していくというのは、相談相手がいないので苦労が多いものです

そんな気持ちから、商工会や様々なセミナーに参加している人は多いですよね

そんな中で色々な先輩経営者の方の話を聞くうえで、ひとつだけ注意点があります

それは「こんなことはしない方がいい」という否定的意見を鵜呑みにしないことです

話をよく聴いて、本当にうまくいきそうにないと「自分が判断した」のならいいのですが、相手の言う「うまくいかない」というのは、その人の失敗を正当化するための言い訳みたいなものなのです

人は誰しも自分の失敗を認めたくないものなので、自分のせいで失敗したものでも「この方法は誰がやってもうまくいかないのだ」と自己肯定のための理論を作り上げてしまいます

「こうしたら良かったよ、うまくいったよ」という成功事例を助言してくれる人の話はためになりますし、やる気もでるので、私はこういう方の話を聴くことをお薦めします

私自身も1人事業主なので日々孤独と闘っているのですが、同じような1人事業主や経営者の方を見ると、微力ながら応援したい気持ちになります

1人事業といっても、当然のことながら取引先はありますし、協力者も必要なので、完全に孤立している人は少ないとは思います

(1人でネットビジネスとかやっている人なら、もしかして「完全ひとり」状態かもしれません)

どんな形態のビジネスにもパートナーや助けになる人は必ず必要です

税理士の場合でも、司法書士の方や弁護士の方とは連携しておく必要があります

そういった連携先というのも、ひとりで探すのは大変なので、前述の商工会やセミナーで繫がりを作っていくことが必要になってくるわけです

ひとり経営者の方、もしも経理や税務のことで不安や悩みがあればご相談ください!

ひとり経営者にしかわからない悩みも含めて相談してください

地元の「ひとり経営者」の方のご相談をお待ちしています

一緒に発展できるよう、一緒に頑張っていきたいと思います

 

【コラム投稿に関する注意点】

コラム(税理士の日記)に投稿された内容は、執筆当時の法令や情報等に基づいており、前提条件を限定した内容となっています。

安易にそのまま適用されることのないよう、お願いいたします。

実際の税務や会計の処理にあたっては、最新の法令やご自身の条件を検討のうえ、不明な点は専門家等へ個別にご相談してください。