人相の悪い人ほど人から好かれる理由

こんにちは、税理士の天河(あまかわ)です

わたくし、実は昔から「人見知り」です

初対面の方と話すのが苦手でして、特にコワモテの方には必ずビビります(笑)

でも、税務署生活29年のおかげで、仕事モードのときはあまり人見知りしなくなりました

人は成長するものなんですね~

そんな人見知りの私が、多くの方と出会って感じたことは

「人は第一印象ではない!」ということなのです

 

人は第一印象が90%って本当?

つい先日、とある偉い方が言ってた言葉です

「人は第一印象が90%」

一理あります

確かに、その通りだと思うこともあります

が、しかし

人見知りの私としては、第一印象が悪い人ほど、その後に仲良くなっている傾向があるのです

どういうことかというとですね

初対面

人相悪くて、怖そう・・・

話してみたら、普通

いや、むしろサッパリしてて話やすいぞ!

思ったよりも優しい人だ!

というプロセスを経て、仲良くなってます

重要なのは最後のところ

「思ったよりも~」という部分なのです

第一印象が悪いと、普通の人でも、とても優しい人と感じてしまいますよね

相対性理論ですね(たぶん違いますね~笑)

ギャップですね

第一印象が悪いと、普通のことが、良い印象に感じられるから不思議です

逆に、第一印象が「とても優しそうな人」だと、ちょっと厳しいことを言われただけで

「そんなヒドイこと言うひとだとは思わなかった!」ってなったりします

あまりにも第一印象が良すぎるというのも、以後のお付き合いが難しくなるのではないかな?と思うわけです

そんな経験から、わたくしが導き出したのが

「人は第一印象では分からない」ということなのです

最近テレビで引っ張りだこの芸能人と言えば、有吉弘行と坂上忍ですよね

この二人は「毒舌」で周囲の芸能人に噛みついたりする芸風(?)がウケて売れたわけです

しかし、一見すると人の悪口を言ったりする「嫌な性格」の人間だと思わせておいて、一方では「シャイ」や「以外に優しい人」という評判が徐々に広がっていったことが、その人気に火をつけた要因なのです

これも、第一印象とのギャップがもたらした効果だと言えます

マツコ・デラックスさんなんかも、第一印象は太ってて、横柄で、口が悪い!というものでしたが

テレビへの露出が増えていくなかで、「頭が良い」とか「意外と気を遣う人」というイメージが出てきたことから、さらに人気が高まったといえるのではないでしょうか

そんなわけで

たしかに第一印象も大事なのですが、ルックスや見た目や人相に惑わされることなく、その人の「人柄」を大切にしてお付き合いしていくのがいいのかなと思います

ただし

第一印象で、「不潔」や「だらしない」感じが出てしまうと、ビジネスの世界では名誉挽回が厳しいので、身だしなみには注意しないといけませんね

なんか、今回はとりとめもない話でした

 

 

【コラム投稿に関する注意点】

コラム(税理士の日記)に投稿された内容は、執筆当時の法令や情報等に基づいており、前提条件を限定した内容となっています。

安易にそのまま適用されることのないよう、お願いいたします。

実際の税務や会計の処理にあたっては、最新の法令やご自身の条件を検討のうえ、不明な点は専門家等へ個別にご相談してください。