確定申告書を郵送するときの注意点

こんにちは、税理士の天河(あまかわ)です

確定申告真っ盛りですね
私も、死ぬほどではないけど忙しいです

最近、確定申告のトレンドは、なんといっても「自主記載」
自分で計算して、自分で申告書を作るというパターンです

国税庁の確定申告コーナーを利用すれば、比較的簡単に確定申告書が作成できます

フリーランスの方もやよい会計などの市販ソフトで、決算から申告まで自分やっているという方が増えてきました

そして、最後は出来上がった申告書の提出となるわけです

 

 

確定申告書の提出方法

申告書の提出方法は3つあります

① イータックスを使ってネット送信

② 税務署の窓口へ持っていく

③ 郵送

それぞれの方法にはメリットとデメリットがありますので簡単に紹介します

① イータックス送信

メリットはペーパーレスであることや、自宅や事務所から提出できるという簡単さです
また紙ベースで提出する場合にはマイナンバー提供に伴い身分証明書などの提示が必要ですが、イータックスの場合には身分証明書の添付は不要です
デメリットは、公的個人認証やカードリーダライタが必要なことでしょうか
また、パソコンに詳しくない方にとっては、ちょっとハードルの高い作業かもしれません

②税務署の窓口へ提出

メリットは、確実に提出できるということぐらい
デメリットは、わざわざ税務署に行かなければいけないことですね
さらに、提出する際にマイナンバーや身分証明書などの提示が必要です
確定申告時期の税務署窓口は混雑していますので、提出するだけでも長蛇の列に並ばなければいけないこともあります

③郵送で提出

メリットは、税務署に行かなくて良いこと
デメリットは、郵送料が必要なことでしょうか
さらに、税務署受付印を押した控えが必要な場合、返信用の切手代も必要になります
※返信用の切手や封筒を同封していない場合、申告書を控えと共に郵送しても、控えは返送してくれません

 

郵送の場合の注意点

税務署までが遠い人や忙しすぎて税務署に行けないという人は、申告書を郵送で提出するケースが多いと思います

しかし、郵送する場合に注意しておくべきことがあります

注意点:申告期限までに提出すること

当たり前のことのようですが・・・

3月15日に郵便ポストに投函した確定申告書は期限内申告になるのでしょうか?

答えは「Yes」です

3月15日にポストに投函された申告書が、税務署に届くのは翌日の3月16日以降になります
しかし、郵送の場合、通信日付(投函日)が提出日として扱われるため、期限内申告となるわけです

ところが

最近、民間の運送業者が様々な配送サービスを開始してます

これらの中には、「荷物」として配達するサービスが含まれていて、確定申告書などの「信書」が送付できないものがあります

確定申告書は法律上「信書」に当たりますので、「郵便物」(第一種郵便物)または「信書便物」として送付しなければいけません

郵便小包などの「荷物」扱いでの送付はできないのです・・・

・・・できないのですが、

実際には送付できてしまいます

実際に、申告書などの「信書」を「書類」という荷物として税務署に送っている人もいます

郵便に比べて送料が安いのが魅力なわけですが、何かトラブルがあっても自己責任となります

そして、最も注意すべきことは

こういった「荷物」として申告書を送付した場合、信書郵便のように「通信日付を提出日として読み替える規定」が適用されません

したがって、3月15日に発送した荷物が、翌日(16日)に税務署へ到着したら、申告書提出日は3月16日となり、期限後申告になってしまいます

期限後申告になれば、無申告加算税がかかったり、青色申告特別控除(65万円)が取れなくなったりしてします

郵送料をチョコっとケチったがために、大きな損をするかもしれないので要注意です

申告書などを郵送する場合は、郵便局で郵便物か信書便物となる方法で送付するようにしましょう

詳しくは郵便事業ホームページで確認してください

 

 

【コラム投稿に関する注意点】

コラム(税理士の日記)に投稿された内容は、執筆当時の法令や情報等に基づいており、前提条件を限定した内容となっています。

安易にそのまま適用されることのないよう、お願いいたします。

実際の税務や会計の処理にあたっては、最新の法令やご自身の条件を検討のうえ、不明な点は専門家等へ個別にご相談してください。